2017年6月8日
から haradayuya
0件のコメント

8/5熊谷リサイタル、チケット発売開始

homote1_0601final

夏のリサイタル、いよいよ本日発売となりました!よろしくお願いいたします。
当サイト「お問い合わせ」からも発注できますので、ぜひご利用ください。
原田勇雅 バリトンリサイタル
〜Il Caldo! 真夏の熱き歌声〜

<日時> 2017年8月5日(土) 14:30開場、15:00開演
<会場> 熊谷文化創造館さくらめいと(太陽のホール/埼玉県熊谷市)
<出演>
原田勇雅(バリトン、二期会会員)
小泉詠子(ゲスト、メゾソプラノ、二期会会員)
小山里巴(ピアノ)

<賛助出演> 埼玉県立熊谷高校音楽部(男声合唱、指導:櫻井寛)

<チケット>全席指定SS席4000円 S席3500円 学生席1000円(二階席、高校生まで)

<主催>原田勇雅バリトンリサイタル実行委員会
<後援>熊谷市、熊谷市教育委員会、熊谷商工会議所、熊谷市音楽連絡協議会、熊谷市文化連合、東京藝術大学同声会、公益財団法人東京二期会、NPO法人日本声楽家協会、MUSICA SEIJI、原田勇雅後援会
<予定曲目>
トスティ:アマランタの四つの歌
マスカーニ:歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》より
二重唱”おお、神様があなたを寄こしてくださった”
ビゼー:歌劇《カルメン》より“闘牛士の歌” ほか
※都合により内容が一部変更の場合がございます。

<チケットお問い合わせ>

原田勇雅後援会事務局((株)オンマーク内) 048-446-6072
以上

2017年6月1日
から haradayuya
0件のコメント

NAOZANE6月号

熊谷市全域に配られる地域情報誌NAOZANEに、熊谷少年少女合唱団を取り上げて頂きました🎵子どもたち、保護者の皆さん、講師陣力を合わせて練習に励んでいます。子どもたちの歌声は地域の宝物です。団員随時募集中、応援よろしくお願いします!
Naozane201706

2017年5月15日
から haradayuya
0件のコメント

カフェ・トレ・リッチ Vol.2

熊谷の老舗喫茶店で監修しているシリーズ「カフェ・3(トレ)・リッチ」、第2回「新緑の名曲アルバム」も完売御礼、和やかな会となりました。 出演の瀬戸奏さん、佐藤悠司さん、寺崎明日香さんはフレッシュな演奏とトークで会場を沸かせました。お世話になった皆様、ありがとうございました!
18446747_1310483652380221_5629555105878899541_n

2017年5月13日
から haradayuya
0件のコメント

コーロ虹ミニコンサート

川口市にて女声合唱団「コーロ虹」のコンサートを午後2時から開催しました。みなさん日頃の練習の成果を発揮して、表情豊かに歌い上げて下さり嬉しかったです🎵
打ち上げも終始和やかに盛り上がり、お寿司屋さんから、二次会(虹会)は何とモスバーガー。お刺身を食べながら焼き魚の話をし、ポテトを食べながら美味しいポテトサラダの作り方について白熱したトークを展開。仲間って素晴らしい!
ありがとうございました!
18403562_1309621942466392_2793387831116485381_n

18486341_1309621975799722_7893444111246770001_n

2017年5月7日
から haradayuya
0件のコメント

GW特別コンサート With熊谷少年少女合唱団

GW特別企画、ホテルヘリテイジのガーデンチャペルで、熊谷少年少女合唱団の子どもたちとコンサート。
講師の笠原愛さん、宮本慧理子さんも好演。
お天気もよく最高の思い出になりました✨ありがとうございました!

熊谷少年少女合唱団のブログはこちらです。
18268126_1300215923406994_1211089948425940179_n

2017年4月16日
から haradayuya
0件のコメント

リサイタルまであと半月

東京、王子ホールにて開催のリサイタルまで、あと半月となりました。
チケットも残り少なくなってきましたので、お早めにお求めください。(当サイトからお問い合わせしていただいても構いません。)

170430_haradaj

2017年3月29日
から haradayuya
0件のコメント

ゆかいなクラシックVOL.3終演!(完売御礼)

原田勇雅のゆかいなクラシックVol.3、新作オペラ《眠り姫》初演。無事に終わりました。終演後拍手が鳴り止まず、フィナーレを2度演奏しました。演奏会形式ではありましたが、とても熱気のある公演でした。チケット完売御礼です。
辻田 絢菜さんの素敵な音楽、素晴らしい音色とお人柄の演奏家の皆さん、初めてのオペラに全力で取り組んだ熊谷少年少女合唱団の子どもたちと大里中学校音楽部、惜しみないサポートをしてくださったスタッフの皆さん、そして何よりもあたたかな拍手で公演を支えて下さったご来場の皆さま、全てに感謝しています。
稽古では笑いが絶えず、時間が経つのがあっという間で、終演してしまうのが寂しいほどでした。
郷土から文化的な発信をしていけるよう、これからも人の輪を大切に取り組んでいきたいと思います。ありがとうございました!

nemurihime nemurihime2